スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の暴力革命すべてに参加した大川周明

2014.04.30.09:12

 一九三二年の「五・一五事件」で、犬養毅首相を殺害した拳銃は、大川周明が赤いテロリスト将校に渡したもの。この殺人で、大川周明の共同正犯は明白。決行一ヶ月前の四月三日、大川は、古賀清志・海軍中尉に現金千五百円と拳銃五挺・実弾一二五発を渡した。現金はさらに四千五百円を追加し古賀に渡した(注3)。

 この拳銃が、犬養毅を射殺した、海軍中尉・三上卓の一発と黒岩勇(予備役海軍少尉)の一発となったようだ。首謀者の古賀と三上/黒岩/大川周明の四名は、現役首相の殺害である以上、死刑が相当だが、それぞれ禁固十五年/禁固十五年/禁固十三年/禁固五年の余りに軽いものであった。

 大川周明は、「五・一五事件」では、国会を包囲する一万人の大衆動員を担当することになっていた。一九六〇年の日米同盟廃棄の暴動における、天性のアジテーターで知識人の清水幾太郎(共産党員)と同じ役割である。

 「五・一五事件」は、前大蔵大臣・井上準之助と三井財閥の團琢磨を射殺した血盟団事件(一九三二年二月&三月)の延長上のもので、両者のテロリストには、古賀や海軍中尉・中村義雄などほとんど重なり合っている。

スポンサーサイト
プロフィール

ハヤシゴハン

Author:ハヤシゴハン
保守主義の勉強をしています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
中川八洋原典回帰
中川八洋掲示板
ブログ主の愛用品














検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。